気になる医学 TOPスキンケア・美肌 TOP ≫ コラム&レポート ≫ 美肌の基本、紫外線による光老化対策

美肌の基本、紫外線による光老化対策

城本クリニックの徹底取材レポート!

仕上がりの美しさまで追求するキャリア十分の専門医集団!
城本クリニックが選ばれる理由を徹底取材してきました!

佐伯チズ特集:必見!口コミ広場の佐伯チズ特集 BY コスメ・化粧品のクチコミ掲示板
用語リンク powered by MeDic医学用語辞典

紫外線といえば、オゾンホールの問題などでその危険性への認識が進み、化粧品会社の「美白」ブームと平行して、紫外線対策は常識的なこととなった。
紫外線の有害な部分を挙げる前に、別の有益な側面の話を先にしておくと、まず紫外線には殺菌作用がある。さらに、骨がつくられるには、カルシウムとビタミンDの摂取が必要だが、このビタミンDは紫外線によって生成される。

紫外線の影響

では、有害な部分についてであるが、紫外線と一言にいっても、波長によって3つに区別される。それを、UVA、UVB、UVCといっている。このうちUVCはオゾン層にさえぎられて地上に届くことはない。では、UVAとUVBだが、この2つはそれぞれ皮膚への作用が異なる。
・UVA 長くて細い波長。皮膚の基底層から真皮まで達する。メラノサイトの働きを活発にし、皮膚には多量のメラニンが送り込まれ、結果肌の色を黒くする。(これをサンタンsun tanと呼んでいる)
・UVB UVAよりは短い中間の波長。ほとんどが表皮に吸収される。UVAよりも皮膚に対する刺激が強い。日光によるやけど(サンバーンsun burnという)や水ぶくれをつくるときもある。細胞の遺伝子を傷つける。
紫外線を受けた肌の衰えは、20歳を過ぎる頃からすでに見え始める。皮膚内部では、上記のほかに、メラノサイトが増え、免疫情報の伝達を担うランゲルハンス細胞の減少が起こる。また真皮の弾力繊維コラーゲン)と結合繊維(エラスチン)の配列が荒らされて、肌の張りの衰えにも影響する。

日焼け止めクリーム

日焼け止めクリームのSPF値、最近ではPA値の表示の意味に戸惑ったことはないだろうか。SPF値、PA値はそれぞれ、SPF(Sun Protection Factor)がUVBに、PA(Protection factor of UVA)がUVAの防止効果に対応した数値である。
SPFの数値は、自分の素肌が日焼けをする時間を何倍伸ばせるか、を示している。例えば、15分で日焼けをする人がSPF10をつけた場合、2時間半は日焼けを防げる、という効果を数値化したものだ。
UVBは季節でいえば夏、日中の時間帯でいえば正午前後が最も降り注ぐときだが、UVAは波長が細長いために、夏でも冬でも、ほぼ日の出ている間は降り注いでいる波長である。SPFはUVBによるサンバーンの予防になるが、UVAの色素沈着も考えるのであれば、日焼け止めクリームのPA値も同時に見る必要がある。
ちなみに、紫外線を多く浴びるような時期は、皮膚の角質層が普段より厚くなる。厚くなることで、紫外線が皮膚に吸収されるのを防いでいるのであるが、普段から角質層をなめらかにする化粧品、角質除去などを心がけている人は、結果角質層の分だけ日焼け止めクリームもしっかりと塗る必要がある。

日焼けをした後

日焼けをしてしまった後では、
・まず水分をたっぷりと取ること。
たんぱく質、ビタミンB群の入った食物を取ること。
・日焼けした肌がほてって熱いようであれば、冷やして温度を下げること。
・肌の修復や、メラニンが増えるのを抑える効果のあるビタミンCの摂取を心がけること。
などが対策として考えられる。

スポンサード リンク
スポンサード リンク
==気になる医学=====
[健康医学]| 肥満・ダイエット方法視力回復・レーシックうつ病とストレス
[美容医学]| にきび・にきび跡永久脱毛・レーザー脱毛脂肪吸引・脂肪溶解注射スキンケア・美肌
[歯科医学]| 歯科インプラント
 Copyright (C) 2006 Qwintet Inc. All Rights Reserved.