気になる医学 TOPスキンケア・美肌 TOPスキンケア・美肌の基本 ≫ 皮膚の保湿の仕組み

皮膚の保湿の仕組み

城本クリニックの徹底取材レポート!

仕上がりの美しさまで追求するキャリア十分の専門医集団!
城本クリニックが選ばれる理由を徹底取材してきました!

佐伯チズ特集:必見!口コミ広場の佐伯チズ特集 BY コスメ・化粧品のクチコミ掲示板
用語リンク powered by MeDic医学用語辞典

角質層

角質層は外部からの水分の浸入を防ぐと同時に、内部の水分蒸発を防ぐ仕組み、保湿機構を持っている。肌荒れの多くは、乾燥や紫外線などが原因で角質層の水分が減少し、この保湿機構が崩れることで起こる。角質層内では15〜20%の水分を保持していることが理想的な状態といわれており、角質細胞は水分を含んで肌にはりのある状態を保つことが出来る。角質層の水分保持機構には以下の3つの保湿因子がある。

皮脂膜

皮脂膜は弱酸性であり、雑菌の進入や、細菌の繁殖を防ぐ役割を持っている。また、水分の蒸発を防ぐ働きもある。

NMF(天然保湿因子)

角質細胞内にあるアミノ酸、尿素、乳酸などを天然保湿因子という。水分を保持する性質がある。

細胞間脂質

角質細胞どうしの隙間を埋めているセラミドなどの脂質のこと。角質の水分蒸発を防ぐのに重要な役割を果たしている。角質細胞内の水分が外に溶け出さないのは、この細胞間脂質が角質細胞の隙間にあって水分の出入りを防いでいるからである。

この3つのうちで、特に保湿に関して重要だといわれるのは、NMF(天然保湿因子)と細胞間脂質である。

角質細胞内にNMFが十分あって水分を保持していても、その溶出を防ぐ細胞間脂質がしっかりとしていなければ水分は逃げてしまう。逆もまた同じである。角質層の水分、それを保持するNMF、さらにNMFを細胞内にとどめる細胞間脂質、このバランスが肌の保湿機構を作り上げている。
このようなことから、単純に油分を補うだけのクリームではなく、細胞間脂質配合やそれに類似した成分配合のクリーム、NMF配合の保湿剤など、保湿機構での役割をふまえた保湿化粧品も増えてきている。

スポンサード リンク

スポンサード リンク
==気になる医学=====
[健康医学]| 肥満・ダイエット方法視力回復・レーシックうつ病とストレス
[美容医学]| にきび・にきび跡永久脱毛・レーザー脱毛脂肪吸引・脂肪溶解注射スキンケア・美肌
[歯科医学]| 歯科インプラント
 Copyright (C) 2006 Qwintet Inc. All Rights Reserved.