気になる医学 TOPスキンケア・美肌 TOPスキンケア・美肌の基本 ≫ 生理と肌

生理と肌

城本クリニックの徹底取材レポート!

仕上がりの美しさまで追求するキャリア十分の専門医集団!
城本クリニックが選ばれる理由を徹底取材してきました!

佐伯チズ特集:必見!口コミ広場の佐伯チズ特集 BY コスメ・化粧品のクチコミ掲示板
用語リンク powered by MeDic医学用語辞典

女性ならば、自分の生理周期と肌の調子をこまめに感じながら生活しているのではないだろうか。生理の前で化粧ののりが悪いとか、顔がむくむ、など毎日鏡をのぞいて感じ取っている部分が少なからずあるだろう。

エストロゲンと肌

排卵を境にして、エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロエストロゲン(黄体ホルモン)が増加減少していることは一般に良く知られている。エストロゲンは、生理から排卵する前までの間、次第に増加するホルモンの方である。

思春期から始まる二次性徴でも、エストロゲンは体の「女性らしさ」に関るホルモンとして活躍するが、肌に対しても張りのある生き生きとした肌を生み出す。

例えば、エストロゲンは脂腺の働きを抑える作用がある。一方、プロエストロゲン(黄体ホルモン)は皮脂の分泌を促進する作用をもっているため、プロエストロゲンが増加する生理の前後には、皮脂分泌も増加する。男性ホルモン(テストステロン)も、これと同じ働きをする。

生理周期と肌に対する注意

生理周期が肌に与える影響で、特に注意すべき時期は生理前だといわれる。この時期の皮膚は不安定でアレルギー反応が起こりやすかったり、肌荒れのトラブルが出やすかったりする。それは、バリア機能が低下しやすい時期だからである。普段、外界の刺激物質から肌を守っている機能が低下するため、外の刺激を肌は敏感に受けてしまう。このため、新しい化粧品などの使用は避けた方がよい時期といえる。

これに対して、排卵前後の肌が最も美しい状態にあるといわれている。
スポンサード リンク

スポンサード リンク
==気になる医学=====
[健康医学]| 肥満・ダイエット方法視力回復・レーシックうつ病とストレス
[美容医学]| にきび・にきび跡永久脱毛・レーザー脱毛脂肪吸引・脂肪溶解注射スキンケア・美肌
[歯科医学]| 歯科インプラント
 Copyright (C) 2006 Qwintet Inc. All Rights Reserved.