気になる医学 TOPスキンケア・美肌 TOPスキンケア・美肌の基本 ≫ 肌とビタミン

肌とビタミン

城本クリニックの徹底取材レポート!

仕上がりの美しさまで追求するキャリア十分の専門医集団!
城本クリニックが選ばれる理由を徹底取材してきました!

佐伯チズ特集:必見!口コミ広場の佐伯チズ特集 BY コスメ・化粧品のクチコミ掲示板
用語リンク powered by MeDic医学用語辞典

皮膚に必要とされている栄養素の中でもビタミンは特に大切である。そして、出来ればビタミン剤などで手軽に摂るより、食物から摂る方が望ましい。

ビタミンA(油溶性ビタミン)

ビタミンAは肝臓に蓄えられて、毎日必要量が血中に送り出される。油溶性なので、脂肪分のある食物に含まれている。寒さに対する抵抗力を高め、乾性肌用のクリームなどにも配合されている。ビタミンAが欠乏してくると、皮膚が乾燥してくるため、乾性肌の人はクリームなどの外からの油分のほかに、ビタミンAの摂取を心がけるとよいかもしれない。
(肝臓、バター、牛乳、動物性食品、ほうれん草、かぼちゃ、トマト、人参、バナナ、みかん、イチゴなど)

ビタミンB2(水溶性ビタミン)

ビタミンB2は美容ビタミンといわれている。それは、皮膚の新陳代謝をよくし、その細血管を強化して血液循環をよくする働きがあるからである。唇、眼、皮膚などの各部位に関るビタミンで、顔全体の生き生きとした健康にはB2が不可欠である。
(牛肉、玉子、あさり、さんま、牛乳、ほうれん草、キャベツ、かぼちゃ、トマト、納豆、味噌など)

ビタミンC(水溶性ビタミン)

ビタミンCは代表的な美白剤であり、主な働きとしては、メラニン生成を抑えるシミソバカスの予防効果、コラーゲンの生成を高めるなどがある。水溶性ビタミンであるため、尿中に排出されて体内に蓄えておくことができない。また熱に弱いので料理をする際の熱で破壊されやすい、という特徴がある。
皮膚への美容効果のほかにも、コレステロール値を下げる、ストレスに対抗するための副腎皮質ホルモンの生成促進、免疫力強化など、体の健康にも欠かせない栄養素である。
(肝臓、牛乳、柑橘類、ねぎ、大根おろし、キャベツ、レタス、白菜、ごぼう、イチゴなど)

ビタミンE(油溶性ビタミン)

ビタミンEは、ビタミンAと同じ油溶性ビタミンである。血液循環をよくする働きがあり、冬場にシモヤケや、手足の冷えの悩みを抱えている人には予防効果がある。
(肝臓、いわし、さけ、バター、卵黄など)

これらビタミンは欠乏すれば体や皮膚の様々な部分に影響があるが、摂りすぎても過剰症を招くので注意が必要である。
スポンサード リンク

スポンサード リンク
==気になる医学=====
[健康医学]| 肥満・ダイエット方法視力回復・レーシックうつ病とストレス
[美容医学]| にきび・にきび跡永久脱毛・レーザー脱毛脂肪吸引・脂肪溶解注射スキンケア・美肌
[歯科医学]| 歯科インプラント
 Copyright (C) 2006 Qwintet Inc. All Rights Reserved.