気になる医学 TOPスキンケア・美肌 TOPスキンケア・美肌の基本 ≫ 肌に良い入浴法

肌に良い入浴法

城本クリニックの徹底取材レポート!

仕上がりの美しさまで追求するキャリア十分の専門医集団!
城本クリニックが選ばれる理由を徹底取材してきました!

佐伯チズ特集:必見!口コミ広場の佐伯チズ特集 BY コスメ・化粧品のクチコミ掲示板
用語リンク powered by MeDic医学用語辞典

入浴は皮膚の汚れを落とすと同時に、血液循環を良好にする。さらには精神的なリラックス効果も得られる。

また、冷え、肩こり、血行促進などの目的で入浴剤を入れることも出来る。

皮膚の乾燥する冬場に、乾燥のためにかゆみを覚えるような乾性肌の人には、保湿成分の含まれた入浴剤も効果的であろう。入浴では本来、湯につかっている間に角質層にある保湿成分が抜けてしまう。しかし保湿成分が配合されている入浴剤を入れれば、その予防になるとともに、入浴中に角質層に保湿成分を浸透させることができるのである。入浴後のクリームだけでは乾燥が防ぎきれないという人は、細胞間脂質であるセラミド配合の入浴剤や、油分を補って皮膚を保護する入浴剤などで、肌の保湿成分が抜けてしまう入浴からの予防がおすすめである。

注意が必要なのは、体を温めるタイプの入浴剤は、皮膚の温度が上がってからかゆみが増すため、人によってはお勧めできない。
スポンサード リンク

スポンサード リンク
==気になる医学=====
[健康医学]| 肥満・ダイエット方法視力回復・レーシックうつ病とストレス
[美容医学]| にきび・にきび跡永久脱毛・レーザー脱毛脂肪吸引・脂肪溶解注射スキンケア・美肌
[歯科医学]| 歯科インプラント
 Copyright (C) 2006 Qwintet Inc. All Rights Reserved.