気になる医学 TOPスキンケア・美肌 TOPスキンケア・美肌の基本 ≫ 脂漏性角化症

脂漏性角化症

城本クリニックの徹底取材レポート!

仕上がりの美しさまで追求するキャリア十分の専門医集団!
城本クリニックが選ばれる理由を徹底取材してきました!

佐伯チズ特集:必見!口コミ広場の佐伯チズ特集 BY コスメ・化粧品のクチコミ掲示板
用語リンク powered by MeDic医学用語辞典

脂漏性角化症とは、お年寄りの顔などによく見られる、やや盛り上がった茶色や黒色の「できもの」の事を言います。
顔にできる方が多いですが、顔だけに限らず、身体にできる事もあります。
この「できもの」はシミと一緒に存在する場合が多く、また最初はシミだったものがだんだんと盛り上がって行き、脂漏性角化症になる事もあるのです。

この脂漏性角化症には俗名もあり、「老人性イボ」や「死にぼくろ」などという言われ方をする事もあります。 ですがこれはお年寄りだけにできる訳ではありません。
20代の方でもできる事があります。
ほとんどの場合は良性の腫瘍なのですが、目立つために取ってほしいと考えている方がたくさんいます。 治療となれば、切除によって取り除く事になります。
ですから脂漏性角化症を治療する場合は、じっくりと医師と相談すると良いでしょう。

そしてこの脂漏性角化症は、悪性腫瘍に見た目が似ている場合もあります。
ですから切除後は、組織の検査をしなければなりません。

ではその脂漏性角化症について、以下でもう少し説明していきます。
この「できもの」は顔や頭、全身、どこにでも生じるものです。とりわけ紫外線を受ける顔には、数多くできものはできます。 表面はイボの様にざらざらとしています。
最初は1、2mmの大きさなのですが、放っておくとだんだんと大きくなっていきます。
色は皮膚と同じ様な色から淡褐色、黒色まで様々です。 形も平らなものもあれば、隆起しているものまであります。 また、このできものができる事により、かゆみを感じる事もあります。
この脂漏性角化症の治療を受けるにあたって、皮膚良性腫瘍摘出術という保険が適応される場合もあります。 ですから少ない自己負担で治療する事も可能です。
また、あまり隆起が見られないできものの場合は、切除ではなく電気焼灼によって治療を行う事もあります。 このできものは、老人性疣贅(ろうじんせいゆうぜい)と言われる事もあります。
ですが老人性と言えど、上記でも述べた様に、早い方ですと20代でそのできものの兆候が見られたり、できものができたりしてします。 ですから老人性という言葉に惑わされる事なく、「もしかしたら」と思ったら早めに医療機関を受診されると良いでしょう。
何事も、早めのケアが大切ですからね。

スポンサード リンク

スポンサード リンク
==気になる医学=====
[健康医学]| 肥満・ダイエット方法視力回復・レーシックうつ病とストレス
[美容医学]| にきび・にきび跡永久脱毛・レーザー脱毛脂肪吸引・脂肪溶解注射スキンケア・美肌
[歯科医学]| 歯科インプラント
 Copyright (C) 2006 Qwintet Inc. All Rights Reserved.